• Sakurako Tanaka BCBA-D

ABAセラピスト実技試験

ABAセラピスト実技試験の内容を教えてください


ABAセラピスト実技試験は全1日です。実技試験合格にはBACBで規定されている全12項目全てをクリアする必要があります。

実技試験合格のために、試験前に類似問題の実習を行います。実習では受験者同士でセラピスト役・生徒役を交互に行い、お互いの技術をアドバイスし合います。出来るようになるまでなんども繰り返し練習し、解らない点は講師にその場で確認することができます。


BACBより規定されている項目は12項目ですが、弊社の提供する試験では複数の項目を1つの課題にまとめて試験しますので、5課題となります。2課題が実技で3課題が筆記です。全ての課題において、試験の前にグループで練習、もしくはディスカッションする時間があります。

​試験課題(全5課題)

課題1 行動の定義, セッションノートの書き方, データの取り方 (記述)

課題2 グラフの記載方法 (記述)

課題3 DTT (実技)

課題4 刺激選考査定 (実技)

課題5 確立操作, 機能分析, エマージェンシープロトコール (記述)







実技試験の合格率を教えてください


第1回実技試験(2018年7月大阪)の合格率は12名受験され12名合格と、なんと合格率100%でした。うち3名は満点合格と非常に優秀な成績で合格されました。

第2回実技試験(2019年2月東京)の一発合格率は合格率70%でした。ただし、不合格者の方も全員追試で合格されました。




​どんな方が実技試験に参加されていますか?


大阪で開催された第1回RBT実技試験は参加者12名(合格12名、合格率100%)でした。男女比は3/4が女性と女性が多く、ABA歴5年以上の上級者の方が25%、ABA歴1年未満の初心者の方が42%でした。職種も多彩であり、バックグラウンドの異なる方々にご参加いただけたことにより、様々な立場からの活発な意見交換が行われました。自閉症児をもつ親御さんにもご参加いただいけました。

​参加者職種

•障害児通所支援事業所

•特別支援学校/特別支援学級

•幼稚園教諭

•病院

•ABAセラピスト

•就労系福祉サービス事業所

•自閉症児の親





ABA資格取得セミナーは受けて理論はなんとなくわかったけれど実技はほとんどしたことがないので合格できるか心配です


​第1回実技試験では42%もの方がABA歴1年未満という初心者の方でしたが、全員無事に合格されました。試験の内容は事前にアナウンスされるので、テスト対策が可能です。また試験開始前に実習時間を十分に設けており、講師にも、同じ班のメンバーにも気軽に質問でき、実際に練習できるよう工夫がなされております。RBT資格取得セミナーでは十分に時間が取れなかった実習の機会が得られます。



ABAの理論だけでなく、実技を身に付けたい方、是非ご受験ください


授業終了時のアンケートにおいて多くの方が、楽しく、そしてためになる学びができた、と回答されています。

他の受験者の皆さんの実技を見ることで普段の自分のやり方を振り返るきっかけとなったようです。一人でやっていて孤独を感じる方、自分のやり方に自信がない方にとってまたとないフィードバックの場となると思われます。

​ABAについてもっと学びたい方、ABAを一緒に学ぶ仲間を作りたい方、どうぞご受講ください。みなさま合格おめでとうございます!







受講体験記1

実技試験を受験して

自閉症児の親 森 佳保里 様


私がABAと出会ったのは、我が子の障害特性を知り、悲しみや逃避、否定など、障害児の親なら誰もが通る道を行きつ戻りつ辿った後、「嘆いていても仕方がない。今、何ができるかを考えよう」と前を向いたところを、「お子さんの障害受容ができていない」と批判され、再びうなだれていた時でした。

「昨日より今日、今日より明日、できることが増えるように」は、障害の有無にかかわらず、子どもを育てる親共通の願いです。にもかかわらず、私がそれを口にすると、「障害があるんだから」「毎日笑って暮らせればそれでいいじゃないですか」と、容易に批判の対象になりました。「障害のある子どもの成長発達を望むのは、そんなに特異なことなのか」「障害受容とは、諦めることとイコールなのか」混乱の中で、私や子どもが本当に苦しんでいるのは、障害特性そのものではなく、周囲の「どうせ障害があるんだから」という見方であることに気づきました。

来る日も来る日もインターネットの海を泳ぎ、ABAが良さそうだということ、そのABAを用いた個別療育支援を行っている先生(現兵庫教育大学助教 山本真也先生)がいることを知り、藁にもすがる思いで連絡を取りました。先生は私の思いを何ひとつ批判することなく、むしろ大いに共感を示してくださいました。そして待ちに待った療育初日。子どもは終始ご機嫌で、笑いの絶えない時間となりました。「こんな遊びのようなことをするだけで、本当にできるようになるのだろうか」「もっと厳しく叱ってくれればよいのに」そんな私の心配や不満をよそに、子どもは驚くほどあっさりと、私が何年かかっても習慣化させられなかったスキルを身につけていきました。「こんなやり方があるのか!」まさに衝撃でした。先生に「本格的にABAを学びたい」と相談したところ、RBTセミナーのことを教えていただきました。

2018年5月、RBT資格取得セミナー(40時間・5日間)を受講した後、7月21日にRBT実技試験を受験しました。DTT、刺激選考査定に加えて、行動の定義やセッションノート記載、データ測定やグラフ作成、確立操作や機能分析、エマージェンシープロトコールについての筆記試験もありました。試験当日の朝は、試験会場近くのコーヒーショップ前で、「どうせ落ちるなら、このままサボってしまおうか」と本気で逡巡した私でしたが、いざ始まってみると、試験前にはミニ講義やグループ実習が組まれ、分からないことや不安点を十分に確認してから本番に臨むことができる構成になっていました。講師の先生からは実践的なアドバイスのシャワーがもらえ、試験というよりは実技実習を受けたような感覚で、しかもなぜかとても楽しい!試験内容にもABA「らしさ」を垣間見た気がしました。無事に合格を果たした今はしみじみ、これからが本当のスタートだと感じています。RBT資格取得とABAの普及に向けて、一層努力していきたいと思います。

最後になりましたが、この一大事業を始めてくださった Together合同会社さんをはじめ、 講師の田中桜子先生、全国の受講仲間たち!との出会いに深謝いたします。ありがとうございました。




受講体験記2

実技試験を受験して

特定非営利活動法人スカイ・ラヴ就労支援員 福井樹男様


2018年7月21(土)、新大阪にてRBT実技試験を受験しました。5月には、40時間のセミナーを受講していましたので、今回は何名の方が受験されるのか、実技試験はどのような内容なのか、期待と不安が入り混じった中で、受験させていただきました。

私は現在、障害福祉サービス事業所で、障害のある方の就労支援をしております。主に知的障害のある方が多いのですが、これから就職を目指す上でコミュニケーション力や必要なスキルの獲得など、なかなか思い通りにいかないことも多いです。そんな中、ABAのことを知り大変興味を持ちました。インターネットでABAの概要を見ましたが、正直こんなにうまくいくのか?というのが第一印象でした。実際に40時間のセミナーを受けてみて、行動の原理や機能を勉強し、目から鱗が落ちました。そして適応的な行動を導き出すには、どのようにしていったら良いのか、強化するにはどうしたら良いのか、緊急時にはどうするのか・・・等セミナーで勉強しました。それから少しずつ弊社でも取り入れていきましたが、初めてのことなのでこれでいいのか不安がありました。自信をつけたいのと、もっともっと上達させたいとの思いから、実技試験を受験しました。

今回は、12名の方が受験されました。試験内容は、実技試験で「DTT」「刺激選考査定」、筆記試験で「データ測定・グラフ作成」「動機付け操作」「機能評価」「エマージェンシープロトコール作成」でした。試験前にはグループに分かれて実技実習をやりました。グループ実習をすることにより、他の人の良いところを見ることができたり、参考になりそうなことが発見できたり、試験対策にもなって良かったです。また、もっとこうした方が良いのでは?とアドバイスをいただくこともあり、一つひとつ確認しながら取組むことができました。また、講師の田中桜子先生からも直接アドバイスをいただき、大変有意義な実技実習でした。

「DTT」「刺激選考査定」の実技試験では、練習したとおりにできるかどうか緊張しました。筆記試験と実技試験と合わせて合否が決まりますが、受験生全員合格でき大変良かったです。

今回の実技実習、40時間のセミナーを通して、全体的に和気藹々とした雰囲気の中で、楽しく学ぶ事ができました。田中桜子先生はとても熱意に溢れ、また話しやすく、すごく丁寧で分かりやすく説明していただき、大変感謝しております。今後、障害福祉サービスの世界でどんどん活用できると思いますので、頑張りたいと思います。ありがとうございました。

あと、RBTの資格を取得するには英語の筆記試験に受からなければなりません。英語は・・・ほとんど分かりませんが・・・(苦笑)、いけるところまでいってみようと思います(笑)

807回の閲覧
BACB-Emblem-new.png

​特定商取引法に基づく表示

販売業者の正式名称  Together合同会社
代表責任者 高原沙都子
運営統括責任者  高原沙都子
所在地  〒939-8207 富山県富山市布瀬南7
電話番号 076-425-4633
公開メールアドレス support@togetheraba.jp
ホームページURL https://www.togetheraba.jp/
商品代金以外の必要料金 消費税
販売価格 商品紹介ページをご参照ください。
引渡し時期 商品紹介ページをご参照ください。
支払い方法 銀行振込、クレジットカード
支払い時期 申し込み時

返品・交換・キャンセル等
サービス提供8日前までは手数料5,000円を除き全額返金
サービス提供予定7日以内のキャンセルチャージは50%
サービス提供開始当日後のキャンセルは不可

​オンラインコンテンツとその組み合わせ商品に関してはその特性上返品不可

銀行振込先

北陸銀行

越前町支店

普通

6046756

トゥギャザー合同会社

お問い合わせ

support@togetheraba.jp

© 2018 Together.LLC. All Rights Reserved.