• Sakurako Tanaka BCBA-D

DTT ディスクリートトライアル

DTT(ディスクリートトライアル)は、ABAを使用した、1対1で行う指導法です。


イヴァ ロバースによって開発されたもので、1つの課題をスモールステップに分けて1つづつ指導していくという、高度に構造化された手法です。


多くの研究で、自閉症児など発達障害をもつお子さんへの教育効果が高いと、繰り返し証明されています。






DTTのやり方


Step 1)先生が指示を出す

Step 2)先生が即座にプロンプトを出す

Step 3)お子さんがプロンプトに導かれ正しく正解する

Step 4)先生はお子さんの正解を強化する

というABAの原理に基づいて行われます。


お子さんが正解できるよう十分にプロンプトを出すこと、たとえプロンプトありでも正解できたらしっかり強化すること、がポイントです。





DTTの進め方



課題を複数のステップへと分解し、そのステップごとに

1)マストライアル

2)ディストラクタートライアル

3)エクパンディッドトライアル

4)ランダムローテーション

と難易度を上げてゆき、お子さんに能力を定着させていきます。





1)マストライアル


DTTの1つ目のステップはマストライアルです。


お子さんに「りんごはどれか」を教える課題をするとします。

机の上にりんごを1つおき、「りんご触って」という指示に対して適切にりんごを触れるかを練習していきます。





2)ディストラクタートライアル


DTTの2つ目ステップはディストラクタートライアルです。


机の上にりんごともう1つ何かを置き「りんご触って」という指示に対して適切にりんごを触れるように練習します。





3)エクスパンディッドトライアル


DTTの3つ目ステップはエクスパンディッドトライアルです。


「りんご触って」を行いつつ、途中でそのお子さんがすでにマスターしている課題、たとえば「ジャンプして」を挟みます。そしてまたすぐに「りんご触って」に戻ります。

一度集中が切れても課題を忘れない、という能力を高めていきます。




4)ランダムローテーション


DTTの4つ目ステップはランダムローテーションです。


「りんご触って」と同様「ぶどう触って」「みかん触って」と複数のものの名前をマスターしてから取り組みます。

マスターしているものの名前をランダムに「りんご触って」「みかん触って」

「ぶどう触って」と指示を出していきます。指示の弁別能力を高めていきます。




まとめ


発達障害をもつお子さんへの教育効果が高いDTTについて解説しました。

ABAスクールTogetherでは、行動の原理・ABAの理論を広く学び、ABA国際資格であるRBTの取得を目指すことができます。是非私たちのサイトで学んでみてください。


Reference

応用行動分析学 – 2013/5/30ジョン・O・クーパー (著), ティモシー・E・ヘロン (著), ウイリアム・L・ヒューワード (著), 中野 良顯 (翻訳)



627回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

先行介入