よくあるご質問(FAQ)

【資格について】

●RBT・ABAT・認定ABAセラピスト、3つのABAセラピスト資格があるとのことですが、何が異なりますか?


全てABAセラピスト資格という意味では共通していますが、資格発行元が異なります。RBT資格はBACBが、ABAT資格はQABAが、認定ABAセラピスト資格はABAセラピスト研究会が発行しています。資格の難易度は同じです。



●RBT・ABAT・認定ABAセラピスト、どの資格を目指せば良いのかわかりません。お勧めはありますか?


▶︎RBT資格:アメリカ・カナダ・オーストラリアなど海外居住されている方、今後移住を検討されている方にお勧めです。筆記試験が英語であり、2023年以降は日本居住者は取得できなくなりますので日本にお住まいの方にはハードルが高いですが、世界的な認知度は最も高くアメリカ等での就職に繋がりやすいと考えます。


▶︎ABAT資格:筆記試験も含めて全て日本語で取れる国際資格です。資格取得に実習が義務化されているので、知識だけでなく実技もしっかり身に付くという特徴があります。ただその分取得にかかる金銭的負担が比較的大きく、14万円程度かかります(実技試験筆記試験一発合格の場合)。また資格は2年毎に更新するする必要があり、更新のために定期的なスーパービジョンが必要です(有料)


▶︎認定ABAセラピスト:日本の資格であり全て日本語で取得できます。資格取得に必要な金額は8万円程度、永年資格なので資格の更新は必要ありません。ですので、RBT・ABAT資格を目指すにしてもほとんどの方はまず認定ABAセラピストを取得されます。ABA初学者の方がまず目指す資格としてお勧めです。


RBT・ABAT・認定ABAセラピストどの資格を目指すにしてもまず最初に受講するのは「ABAセラピスト資格取得セミナー 40時間講習」であり、これは3資格に共通しています(40時間講習はRBT・ABAT・認定ABAセラピスト全てのコース認定を受けています)。どの資格を目指すか決めかねていらっしゃってもまずはこの40時間講習を受講してみてください。ABAの全体像が見えてくるはずです。

https://www.togetheraba.jp/40hours




●ABAセラピスト資格(RBT・ABAT・認定ABAセラピスト)、とABAペアレントトレーナー資格は何が違いますか?


【ABAセラピスト(RBT・ABAT・認定ABAセラピスト)】

●お子さんに直接指導(セラピー)を行います

​●その業務の一環として親御さんに対してペアレントトレーニングを実施することもあります

●ABAセラピストの国際資格(RBT/ABAT)と同レベルの国内資格(認定ABAセラピスト)ですので難易度は高めです

●福祉事業所で実際にお子さんと接する指導員の方や、高い専門性を持つ必要がある管理者の方、学校の先生、実際にお子さんと長い時間を過ごす親御さんなどが多く受講されています。

合格までの学習時間の目安:約80時間

資格取得セミナー39,800円+税

実技試験29,800円+税 ​

筆記試験(認定ABAセラピスト)9,800円+税


【ABAペアレントトレーナー​】

●親御さんに対して指導します

​●お子さんには直接接しません

●厚生労働省 調査研究事業 ペアレントトレーニング基本プラットフォームにおけるペアレント・トレーニング実践ガイドブックで、ペアレントトレーナーは「実施者の専門性」を持つことが推奨されています。よって親御さんの指導を担当する方は学ぶことが推奨されます。本講座はこの要件を満たしており、認定試験合格者はABAペアレントトレーナーとして認定されます。

●行政や福祉事業所において、保護者相談を担当される方が多く受講されています。

合格までの学習時間の目安:約40時間

49,800円(+税)


ABAセラピストもABAペアレントトレーナーも、どちらも背景となるABAの理論は同じです。 ​

どのような業務を担当されているか、どの程度高い専門性を身につけたいと考えているかで目指す資格を選ばれたら良いと考えます。



【資格取得セミナー40時間講習(会場or通信)】

●今年、資格取得セミナー40時間講習(会場or通信)を受講し、来年以降に実技試験・筆記試験を受けることは可能ですか?


可能です。資格取得セミナー40時間講習(会場or通信)の修了証に有効期限はありませんので数年かけて資格取得を目指していただくことが可能です。



●海外に居住しています。資格取得セミナー40時間講習を受講することは可能ですか?


可能です。通信講座をご選択ください。学習に必要な資料は全てデジタル(pdf)での配布・講義の配信はYouTubeとなりますので日本国内にいるのと同じ条件で受講いただけます。多くの方が海外から受講されています。



●パソコンを持っていませんが受講可能でしょうか。


可能です。インターネットにつながっているスマートフォン・タブレットなどから受講いただけます。講義の配信はYouTubeとなります。



【実技試験・筆記試験】

●実技試験と筆記試験を別日に受験することは可能でしょうか。


可能です。


▶︎認定ABAセラピスト資格

実技試験・筆記試験どちらから受験いただいても構いません。同日受験も可能ですし、別日受験で数年かけて合格を目指される方もいらっしゃいます。


▶︎RBT資格

実技試験を合格した後でのみ筆記試験を申し込むことができます。筆記試験はRBT資格発行元のBACBへ直接申し込みとなります。実技試験合格後90日以内に筆記試験の申し込みを完了してください。もし90日過ぎてしまった場合はWEBにて実技試験再評価(7,500円+税)が必要となります。実技試験再評価をご希望される方はsupport@togetheraba.jpまでご連絡ください。


▶︎ABAT資格

実技試験を合格し、実習を完了された後でのみ筆記試験を申し込むことができます。筆記試験はRBT資格発行元のBACBへ直接申し込みとなります。



●実技試験・筆記試験の今後の予定を教えてください。


現在日程が決まっているものはこちらに全て公開・申し込み受付しております。

https://www.togetheraba.jp/exam

実技試験・筆記試験の日程が決まり次第ホームページ・facebook・Twitterで告知いたします。

基本的には3月・6月・9月・12月、年に4回、開催します。以前は東京・大阪などの会場で実施しておりましたがコロナ禍が落ち着くまではオンラインのみでの開催を予定しております。会場での試験実施は早くても2023年になる見込みです。





●資格取得セミナー40時間講習をまだ修了していないのですが実技試験・筆記試験に申し込むことは可能ですか?


可能です。実技試験・筆記試験は定員がありますので希望の日程がある場合は早めにお申し込みいただけましたら幸いです。ただし試験受験当日までに40時間講習を完了されてください。



【資格全体】

●認定ABAセラピスト・RBT資格・ABAT資格取得に必要な資格はありますか?


▶︎認定ABAセラピスト:ありません

▶︎RBT:高校卒業もしくは同等の学歴が必要です

▶︎ABAT:高校卒業もしくは同等の学歴が必要です


●ABAセラピスト資格取得後どんなキャリアがありますか?


児童発達支援事業所/放課後等デイサービスなどで「ABAセラピスト」として発達障害のお子さんのに対してお仕事される方が多いです。すでにそれらで働かれている方がキャリアップのために資格取得を目指される方もいらっしゃいます。他にも教育現場・医療現場でお仕事されている方もいらっしゃいます。



【サポート】

●セミナー受講日程/自宅受講(通信講座)への切り替えは無料とのことですが、通信で開始していて、途中で会場受講に切り替えも可能でしょうか?


可能です。ご都合に合わせて変更ください。どの講座をお申し込みいただいても最初のWEB講義は同じですので、どちらをお申し込みいただいても問題ありません。変更希望の際にはsupport@togetheraba.jpまでご一報ください。



●セミナー受講日程・実技試験筆記試験の日程変更は無料とことですが、まだ日程を決めることはできません。それでも良いでしょうか?


可能です。受講/受験できなくなった際にまずはご連絡ください。その際に振替日程は未定ですとお伝えください。ご希望の日程が決まりましたらお知らせいただけましたら幸いです。



●学習を進める上でわからないことがあれば質問できますか?


可能です。support@togetheraba.jpまでご連絡ください。事務局で対応できる質問はすぐに返答いたします。難しい質問に関しては講師に確認の上返答します。お気軽にご連絡ください。


●チラシやパンフレットなどはありますか?


こちらからダウンロード可能です。

チラシ 

三つ折りチラシ 


●領収証の発行をお願いできますか?


可能です。support@togetheraba.jpまで「宛名」をご指定の上ご連絡ください。WEB領収書は無料で発行いたします。


●名前が変わった場合どうしたら良いでしょうか


support@togetheraba.jpまでご連絡ください。新しいお名前で修了証/認定証を再発行いたします。認定ABAセラピストリストも変更いたします。


閲覧数:2,636回0件のコメント

最新記事

すべて表示