BACB-Emblem-new.png

​特定商取引法に基づく表示

販売業者の正式名称  Together合同会社
代表責任者 高原沙都子
運営統括責任者  高原沙都子
所在地  〒939-8207 富山県富山市布瀬南7
電話番号 076-425-4633
公開メールアドレス support@togetheraba.jp
ホームページURL https://www.togetheraba.jp/
商品代金以外の必要料金 消費税
販売価格 商品紹介ページをご参照ください。
引渡し時期 商品紹介ページをご参照ください。
支払い方法 銀行振込、クレジットカード
支払い時期 申し込み時

返品・交換・キャンセル等
サービス提供8日前までは手数料5,000円を除き全額返金
サービス提供予定7日以内のキャンセルチャージは50%
サービス提供開始当日後のキャンセルは不可

​オンラインコンテンツとその組み合わせ商品に関してはその特性上返品不可

銀行振込先

北陸銀行

越前町支店

普通

6046756

トゥギャザー合同会社

お問い合わせ

support@togetheraba.jp

© 2018 Together.LLC. All Rights Reserved.

  • Sakurako Tanaka BCBA-D

言語行動 バーバルビヘイビアー

言語行動とは、言葉の意味がその機能に見られるという考えに基づく学問です。


言語行動を提唱したB.F.スキナーは、言語行動を「言語の形態」ではなく「言語の機能」によって分類しました。


たとえば、トイレを見て「トイレ」と言うのとトイレに行きたくて「トイレ」と言うのは、形態は同じですが異なる機能です。




また、言語としての機能を持つものは「言語行動」と考えるため、たとえば絵カードで欲しいものを要求をしたとしてもこれは言語とみなされます。

これらは言語行動の機能は同じなので同じ機能(マンド)とみなされます。




言語行動は、その機能によって

1) マンド

2) タクト

3) イントラバーバル

4) エコイック

5) テキストコーピング

6) テクスチャル

7) トランスクリプション

に分かれます。






1) マンド


1つ目の言語行動はマンドです。 要求の機能をもつ言語です。


おやつちょうだい

蓋を開けて

抱っこして


など何かを得たいという要求にも使用されます。

また、


やめて

どいて

やりたくない


など否定の要求もマンドに含まれます。

要求が叶えられることによって行動が強化されます。問題行動の発生と抑制に直結する言語機能なので、まず最初に取り組みたい課題と言えます。






2)タクト


2つ目の言語行動はタクトです。 誰かに意思をつたえる目的の言語ではなく、自分が何かを見た・感じた時に思わずでる呟きです。


たとえば

飛行機をみて、「飛行機だ」と呟く。

コーヒーを飲んで思わず「美味しーい」と声が出る。

などです。






3)イントラバーバル


3つ目の言語行動はイントラバーバルです。人と人の間で起こる言語行動の交換です。相手からの反応が強化子となって維持されます。


「こんにちは」と言われて「お久しぶりです」と返す。

「ありがとう」と言われて「どういたしまして」と返す。


このように人と人との間で起こる言語の交換です。



4)エコーイック


4つ目の言語行動はエコーイックです。おうむ返し、とも言います。エコーイックのスキルがお子さんにつくと、新しい発語を学びやすくなります。


「みかん」と言われて「みかん」と返す。

「くま」と言われて「くま」と返す。

などです。




5)テキストコーピング


5つ目の言語行動はテキストコーピングです。


書いてある文字を書き写すと言う言語行動です。


たとえば先生が黒板に「たいよう」と書いたのを、自分のノートに「たいよう」と書き写す、などです。




6)テクスチャル


6つ目の言語行動はテクスチャルです。


書いてある文字を読み発語すると言う言語行動です。


先生が黒板に「しんかんせん」と書き、それを「しんかんせん」と読む、などです。



7)トランスクリプション(ディクテーション)


7つ目の言語行動はトランスクリプション(ディクテーション)です。人が言った言葉を文字起こしするという言語行動です。


たとえば、先生が「さくら」と言ったのを自分のノートに「さくら」と書くなどです。




まとめ


言語行動の機能について解説いたしました。ABAスクールTogetherでは、行動の原理・ABAの理論を広く学び、ABA国際資格であるRBTの取得を目指すことができます。是非私たちと一緒に学んでみてください。

Reference

応用行動分析学 – 2013/5/30ジョン・O・クーパー (著), ティモシー・E・ヘロン (著), ウイリアム・L・ヒューワード (著), 中野 良顯 (翻訳)

93回の閲覧